講習会に行ってきました

こんにちは\(^o^)/

先日、ハーブカラーの講習会に行ってきました。

ハーブカラーは奥がとっても深く、講習会に行くたびに毎回新しい知識や発見を得られるので面白いです。

その中でみなさんに知って頂きたいことを書きます。

【 ハーブカラーは頭皮のトリートメントができるカラー 】

頭皮のニオイ、脂っぽさなどが気になる方も何度か染めるうちに気にならなくなっていきます。(頭皮洗浄と一緒にして頂くのがよりおすすめで、より改善が早くなります。)

頭皮のケアをすることでトップのボリュームが出たり、逆にボリュームが多かったりクセでお悩みの髪の毛もまとまりやすくなったりします。

【 アルカリ度の高いカラーで染め続けると白髪が増える 】 

皮膚はもともと弱酸性です。アレルギー度の高いお薬をお肌にのせると、炎症を起こしてしまうため、皮膚にはかなりのダメージになります。

白髪を染めて目立たなくさせるのが目的のはずなのに、どんどん白髪が増えてしまい、染める頻度が多くなる悪循環がうまれてしまいます。

【 カラーの退色が防げます 】

ハーブカラーはアルカリ度が低いカラーです。

アルカリ度が低いと、もともとの髪の毛が明るくなり過ぎるのを防ぐことができます。

髪の毛は、【水分・油分・アミノ酸】のバランスが整っていると綺麗な状態を保つことができます。

ハーブカラーで染めてもアミノ酸が流出することはないので、ダメージ部分には水分と油分をしっかり補修する前処理が必要となります。

バランスを整えることで、色素が流れ出るのを防ぐことができます。

ハーブカラーは染めれば染めるほど色が定着するというアルカリカラーとは真逆の特徴もあります。

いつも表面の毛先の退色が気になっていた方にも「髪の表面だけが明るくなるのが気になっていたけど、いつの間にかそれがなくなって嬉しい。」と喜んで頂くことが多いです。

ハーブカラーについてもお気軽にお問合せ下さい。

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる